霊園を決めかねているなら立地を見てみよう

家族

話し合いが大切

京都で残された家族にお墓の管理の問題について苦労をかけたくないと考えているのであれば、永代供養墓の購入を検討してみることをお勧めします。お墓の購入にあたっては、自分ひとりで決断せずに家族ともしっかり相談したうえで決定するのがよいといえます。

時代の変化と共に墓石も

神奈川の霊園では、デザイン性の高い墓石を選択している人が少しずつ増えています。生前に好きだったものをデザインしたユニークな墓石を設置しても問題ない霊園もあります。使用料の手頃な霊園を探すなら、都市部から少し離れた郊外の霊園を選ぶとよいでしょう。

納骨堂と合祀墓

お墓を建てても供養する人がいない方には京都のお寺や霊園が管理する納骨堂や合祀墓がおすすめです。納骨堂や合祀墓は永代供養料を支払えば誰でも利用することができ、子孫の代わりにお寺や霊園が供養を行ってくれます。

自然豊かな地にあるお墓

お経

大木の元で土に還る

最近、東京の多摩が話題になっています。東京は日本の首都であり人口も多い大都市でありますが、この東京にも雄大な自然が望める山岳地帯があり、その場所こそが多摩地方です。多摩には手付かずの森林が広がっておりダムなども多くある事から、年間を通して観光客が訪れています。この多摩地方に最近では霊園が多く整備されるようになっており、東京都民や近隣県からの利用申し込みが殺到中です。多摩には霊園整備がしやすい環境が多く整っている為、墓地不足の現在では東京都も率先して、霊園整備を行っています。多摩にある霊園では一般墓のほかに、一風変わった納骨様式をプランとして提供しており、利用申し込みが殺到するほどの人気です。その人気プランは合同納骨様式のお墓で、桜の木などの樹木の周囲に遺骨を埋葬するタイプのお墓となります。このお墓では一般的なお墓のように骨壷ごと納骨するのではなく、遺骨を土に還すことが出来る仕組みになっています。このため、最後は自然に還りたいと望む方々などに人気になっている様式です。一般的な霊園の管理団体はお寺ではなく、行政や一般企業が運営する仕組みになっている所が多く、お墓購入などの時に接する相手は管理担当者などになります。ほとんどの霊園では園内に管理事務所が設営されており、管理人が園内管理全般をつとめていて、この点はマンションと仕組みが似ています。基本的に園内の掃除などは管理人が行ってくれますが、一般的なお墓の墓石掃除や区画内清掃は継承者自身で行わなければなりません。園内開放時間は主に9時〜17時くらいまでになっているところが多く、この点は寺院墓地と大きく異なる点です。