霊園を決めかねているなら立地を見てみよう

線香

納骨堂と合祀墓

お墓

お寺が永代に供養管理する

近年はお墓に建てても供養する人が途絶えてしまい無縁墓になるケースが増えています。このような事態を避けるにはお寺の納骨堂や合祀墓を利用するという方法があります。納骨堂や合祀墓とは永代供養料をお寺に支払い、子孫の代わりにお寺が供養し管理してくれるというものです。お寺によっては永代供養墓や永代供養塔と呼んでいるところもあります。京都のお寺の敷地内の納骨堂や合祀墓を利用するときはお墓を建てる必要がないのでお墓代はかかりません。代供養料はお寺によって異なり約10万円から数百万円までに設定されています。京都では30〜50万が平均価格帯となっています。この永代供養料を一度支払えば、あとは費用を支払う必要はありません。納骨堂は室内に作られたロッカー型の棚に遺骨を納めるものです。合祀墓とは室外に作られたお墓のことで、一般的なお墓のようにお参りすることも可能です。京都のお寺ではを毎年のお彼岸の時期、命日、回忌の供養も行っています。永代となっていますが17回忌や33回忌を迎えた遺骨は骨壺から出されて合同のお墓に埋葬されます。京都で永代供養を希望する方は子供がいない夫婦や独身の方が多くなっています。京都で永代供養をしているお寺や霊園では、生前に申し込むことができるので事前に下見して希望の場所を選ぶことができます。また、信仰している宗教を問わずとしているお寺が霊園が殆どで誰でも永代供養をして貰うことができます。